ぺニスの皮のぶつぶつとかゆみの治し方

軟膏・クリームを使用して治療を試みるやり方

細菌が原因の場合については抗生物質を含んだ塗り薬やクリームを用いて治療します。

ただ、カンジダが原因の場合は普通の抗生物質は全く効果がありません。

このため、ロテュリミンAFという、抗真菌薬の軟膏・クリームを用いて治療を行います。

⇒ロテュリミンAFの詳細

症状によってはステロイドの軟膏を用いることもあります。

~自然治癒の場合~

自然治癒することも実際はあります。

症状が軽くペニスの皮膚が健康な状態であれば、亀頭包皮炎は自然治癒することもあります。

ただし、放置すると悪化してしまうこともあり、この場合は治療が難しくなります。

また、包茎の人の亀頭包皮炎は自然には治りにくいため、普通は治療が必要となります。

性病検査キットがあれば自分で検査できます。

検査キットを使うと、自宅で性病検査をすることもできます。

ただ、検査キットは誰にでもオススメできるわけではありません。

そのまま病院へいったほうがいい場合もあります。

そして、検査キットにはメリットやデメリットもありますが、ためらって行動を起こさないまま、病気が進行していくのが一番恐ろしいことです。

恥ずかしかったり、病院にいくのが面倒な方は、誰にも知られることなく性病検査ができる検査キットを取り寄せてみるのが、まずは最優先ですね。

コメントを残す