亀頭包皮炎による陰部の痒みの解消法

亀頭包皮炎は、陰部に発生してしまう病気なので、病院に行って診察してもらうというのは、とても勇気のいることです。

自分で出来る限りの対策をしたいところです。

一度なってしまうと、陰部が痒くなったり、垢が大量に発生したり、場合によっては痛みを伴うことがあります。

夏場の汗で蒸れる時は、特に痒みが酷くなって、掻きむしりたくなる気持ちになります。

症状が発生している部分に塗り薬を塗ることで、症状を緩和することが出来ます。

⇒オススメの塗り薬はコチラ

注意しておきたいことは、陰部の皮膚は薄くなっているので、あまり薬を塗りすぎてしまうと、逆に刺激になってしまいます。

私が亀頭包皮炎になってしまった時、耐えられないほどの痒みに襲われたり、短期間の間に垢が大量に溜まるので、洗い流すのも大変でした。

洗う時も、亀頭は熱いお湯などの強い刺激に弱いので、注意して洗わなければなりませんでした。

自分に合う塗り薬を見つけて、定期的に使うことで、何とか痒みや垢の発生を抑えることが出来ましたが、完全に治すのは中々苦労をしました。

焦って治そうとして、薬を使い過ぎたりせずに、じっくりと向き合って治すのが良いと思います。

しかし痒みや垢などが辛いので、少しでも早く治したいという場合には、亀頭を清潔に保つことです。

強く洗い過ぎたりしたら、亀頭に傷が付いてしまう場合もあるので、適度に清潔にすることが重要です。

病院に行かなくても、自分で出来る亀頭包皮炎への対処があるので、あまり悩み過ぎないようにしましょう。

⇒自宅で亀頭包皮炎を治すならコチラ

コメントを残す