亀頭包皮炎を自分で治療する方法

亀頭包皮炎は包茎の方に起こりやすい症状です。

包茎の方は亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖しやすいので亀頭包皮炎が起こりやすいです。

あまり程度が酷い場合やあくまで自分では判断がつきづらい場合には病院に行った方がもちろん良いと思いますが、そんなにまだ程度が重症でない時は自分で一度対処してみる事も選択肢の一つだと思います。

対処の方法は基本的には、清潔にする事とムレを防ぐ事がポイントです。

まず、普段入浴している際に洗っていると思いますが、普段使用している石鹸やボディープでは殺菌力が弱い事が考えられます。

普段からきちんと洗っているのに亀頭包皮炎になってしまった方は一度殺菌力の強いものに変えてみる、もしくは殺菌力の強いものを、そこ専用で一つ用意すると良いです。

その石鹸を使って陰部を洗っていくのですが、この時にはあまり強く洗わずにタオルなどよりも、手を使って優しく洗う事が大切です。

強く洗ってしまうと、傷が入ったりして亀頭包皮炎を悪化させてしまう事があるからです。

あくまで殺菌力の強い石鹸で優しく洗うのがポイントです。

こちらの亀頭包皮炎治療用石鹸がオススメです!

ドクターズチョイス ファンガソープEX 300x250

⇒フィンガソープEX詳細

次にムレの防止ですが、形状の問題からどうしてもムレてしまうのが男性の陰部です。

その問題を活用するのに有効なのは、赤ちゃんのオムツムレを防ぐ効果のあるベビパウダーです。

赤ちゃん用の物なので、刺激も少ないですし、慣れてくるとそのサラサラ感は心地良い物だという事がわかります。

ベビーパウダーを利用する事で、ムレを防ぎ摩擦による刺激を減らす事ができます。

コメントを残す