ちんこのかゆみを治せる市販薬はあるのか?

ちんこがかゆい。

そう感じるときありませんか?

もしかして性病?市販薬で治せるのか?

私自身の体験談を交えながら改善方法をご紹介したいと思います。

なぜちんこがかゆくなるのか?

ちんこがかゆくなる原因は乾燥からくるかゆみと性病からくるかゆみの2種類に分けられます。

乾燥からくるかゆみ

乾燥からくるかゆみは皮膚が乾燥している状態と同じなので保湿クリームなどですぐに治まります。

性病からくるかゆみ

クラミジア

尿から水っぽいが出てきます。オシッコをするときに違和感や痛みが感じます。

放置していると睾丸は腫れあがり発熱することもあります。

ケジラミ

ケジラミという吸血昆虫による感染症で、ちん毛周辺がものすごくかゆくなります。

性器ヘルペス

ちんこにヒリヒリ感やかゆむずさを感じ、2日~10日ぐらいでかゆみを伴ったかゆみを赤いブツブツや水ぶくれができます。

それがさらに破れて腫瘍ができると強い痛みがあり、発熱が伴うことがあります。

また太もものリンパ節の腫れや痛みを伴います。

淋菌

尿道にかゆみが出たり、オシッコをするときに尿道から粘り気がある分泌物が出ます。

この分泌物に黄色いが混ざると勃起したときやオシッコするときにものすごく痛みます。

水いぼ

イボがたくさん増えているのであれば伝染性軟属種の可能性があります。

伝染性軟属種

水イボを作るウイルスが感染しておこるものでセックスで感染します。

症状は水イボができて異物感がでたり、かゆくなったりします。

ヒゼンダニ

ヒゼンダニという小さな昆虫が寄生して起こる感染病です。

いんきんたむし

赤いぶつぶつができたあとに黄色く濁った水泡が環状にちんこにできます。

感染力が強くないので、一週間から10日ほどで治りますが、悪化しやすいので注意が必要です。

市販薬で治せるのか?

乾燥からくるかゆみやいんきんたむしのような症状でしたら保湿クリームや市販薬などで治せます。

ちなみは私は乾燥からくるかゆみなので、市販のムヒアルファを使用しています。

一時的な、かゆみなのでちんこやキンタマに塗るだけでかゆみは治まります。

感染病やウイルスなどからくるかゆみは市販薬では治せません。

病院で治療したり、ちんこに塗る薬で処方しなければ治せません。

単なるかゆみではないので、再発する可能性もあり、潜伏する期間もあるので完治するには時間がかかります。

今後のかゆみ対策

乾燥からくるかゆみは保湿されば良いですが、感染やウイルスからくるかゆみはセックスやフェラ、プールなどでも感染します。

ちんこを清潔に洗うのは当たり前ですが、セックスやフェラをするときは必ずコンドームをつけましょう。

コンドームをつけることによって感染するリスクを低くする事ができます。

また自宅でできる性病チェックなどもインターネットのサイトでできるので試してみるのもいいと思います。

コメントを残す