私も、性病になりかけました。幸いにして、性病にはなっていなかった事が何よりの救いでした。もし、性病にかかっていたら今の彼女やこれまで付き合って下さった女性たちに大変失礼な事をしたのだなと思っています。大変な事云々ではなく彼女になってくれた女の子たちに失礼を働いたと思います。だからこそ、ちんこの異変かゆみだったり、尿道口の異常な痛み特に、尿が出終わった後のもんどりうつくらいの激痛は言葉では言い表せません。

人間の性欲がある位ですから、当然性病というのは多かれ少なかれかれ、皆さんあるでしょう。でも、陰毛がかゆいとかであれば、市販薬でもかなり効果が期待できるでしょう。それでも治らなかったら病院へ行きましょう。そうじゃないとみんなに迷惑をかけてしまう結果しか待っていないわけなんです。性病の中に毛じらみという症状があります。一度毛じらみになってしまうと陰毛を全部剃らなければなりません。もはや「気になるところのかゆみ」ではありません。これは立派な性病なんです。

皆さんの中にも経験としてこれらはあるかもしれません。でも、それを受けて過去の自分を反面教師にすればいいんです。ちんこのかゆみ、性病にかかっているのではないかという不安、病院にかかるべきか(人目はありますから当然、病院に行くのも抵抗があるでしょう。そういう事を考えた時に知識を生かして、知恵をフルに使ってとにかく病院へ行けるようにすること)、市販薬で治りそうだなと思ったらすぐにドラッグストアへ行って薬を買って下さい。
自分だけの問題じゃないんです。パートナーや赤ちゃんを身ごもった女性にも苦しみを負わせる事になります。ぜひ性病には気を付けてください。