カンジダ性亀頭包皮炎を市販薬で治したいとお悩みのあなたに病院に行くよりお得なセットをご紹介

泌尿器科に行くのって恥ずかしくないですか?

ちんこが痒いと仕事や日々の生活にものすごく支障をきたし、物事に集中でなくてイライラしませんか?

私も同じ悩みを抱えていました。

泌尿器科に行って早く楽になりたかったですが、風俗で遊んだ後で思い当たる節があったため、しばらくためらっていました。

病院に行くとまず、受付で問診がありまして、受付の女性にちんこの症状を詳しく説明しなければいけません。

待合室でも、知り合いに合わないか、周りの目を常に気にしなければいけません。

尿検査をして、診察室に通され、ズボンとパンツを脱いで、先生にちんこの皮をむがれた後、亀頭を触られます。

『結婚してるの?風俗に行ったの?』

なんてことを聞かれて、ものすごく恥ずかしい思いをしました。

病院に行かずに誰にも知られず、自宅でちんこの赤いブツブツ、酷いかゆみを治すことができる薬がないか調べて試してみたので紹介したいと思います。

⇒泌尿器科に行くよりお得な完治セット

市販薬のラミシールやロテュリミンを塗っているけど治らない!?

泌尿器科に行くのが恥ずかしくて、ドラックストアや楽天、Amazonで水虫薬のラミシールロテュリミンを購入して、ちんこに塗り続けているけど一向に治らない経験はありませんか?

私も初期のちんこの皮が痒いかなって時に、家にあったオロナインを塗りましたが、症状が良くなるどころか、ますます悪化していきました。

亀頭包皮炎には2種類の原因菌が存在しています

真菌いわゆる『カビ』が原因のカンジダ性亀頭包皮炎の場合と、『細菌』が原因の細菌性亀頭包皮炎に分類されます。

水虫薬のラミシールは抗真菌薬ですので、カンジダ性には効果がありますが、細菌性のちんこの痒みや赤いぶつぶつには効果がありません。

お医者さんでもカンジダ性か細菌性かを見た目で判断するのは難しいみたいですので、原因菌を特定するには、泌尿器科で尿検査や診察が必要になるのですね。

チンコに傷が付き真菌と細菌の両方に感染しているケースも多いみたいですので、一般的な軟膏、抗生物質だけでは、完治は難しそうですね。

病院に行くよりお得な軟膏と石鹸のセット

でもドクターチョイスさんの『カンジダ菌』『細菌』99.9%殺菌するティーツリーオイルを配合した液体せっけんと軟膏のセットなら、病院で副作用の心配のある抗生物質やステロイドを処方してもらうことなく、自宅で少しでも早く、確実に『ちんこの炎症』『かゆみを治したい』、あなたに自信を持ってオススメします。

⇒カンジダ・細菌の両方を99.9%殺菌できる完治セット

ちんこの症状が改善しなければ、90日以内の全額保証付きです

今まで軽い症状が出ては治ってを繰り返した経験はありませんか?

私も水虫が出た時に市販の水虫薬を途中でやめてしまい、症状が繰り返し治療代が高くついた経験があります。

原因菌が残っていると症状が治まっても皮膚のターンオーバーが終わるまで、水虫もちんこの赤み、かゆみは繰り返します。

ですので、本気で亀頭包皮炎を治したいなら、石鹸とクリームの各2個セット(送料無料)を肌のターンオーバー期間の1ヶ月以上使い続けるのがベストだと思います。

症状が改善しなかった場合は90日間全額返金保証がついていますので、精神的・金銭的リスクもゼロで始められるので、すでに症状が出ている場合は、悩むことなく、試してみるべきだと思います。

⇒全額返金保証付きのセットはコチラ

カンジタ菌と細菌の両方を99.9%殺菌できるクリーム

このクリームはカンジダ菌細菌にかなり効果が期待できます。

こんな症状でお悩みの方にオススメ

  • 亀頭包皮炎を病院に行かず、早く確実に治したい人
  • 亀頭包皮炎のかゆみをなんとかしたい人
  • カンジタ性と細菌性、両方の亀頭包皮炎を発症している人
  • 副作用がある市販薬は使いたくない人

⇒ファンガクリームの詳細はコチラ

男性カンジダ菌を99.9%殺菌できる石鹸

カンジダ性亀頭包皮炎はいつの間にやら症状が治まることもあります。

しかし、繰り返して症状が悪化するなどして『恥ずかしいけど泌尿器科にいかないといけないのでは!?』と、あなたが感じているなら、早めに治療を開始することをお勧めします。

カンジタ菌は真菌の一種です。

普通の石鹸はバイ菌は殺せても、真菌には効果がありません。

皮膚の表面では、バイ菌とカンジタ菌が戦い合っていて、バイ菌の精力が弱まるとカンジタ菌が増殖。

つまりカンジタ菌に感染してる人が普通の石鹸を使っていると、バイ菌だけを殺してしまってカンジタ菌がさらに繁殖してしまうのです!

ファンガソープEXは、カンジタ菌 (真菌) をやっつける使い方も簡単な薬用石鹸です。

普通の石鹸の代わりに毎日ファンガソープを使うだけで治癒はもちろん、カンジタ症防止もできる優れものですよ。

⇒ファンガソープEXの詳しくはこちら

亀頭包皮炎に有効な塗り薬の種類

亀頭あるいは包皮というものは粘膜が過敏でありますから、刺激無しの軟膏を使ってやる事をいち押し致します。

真菌と言われるカンジダ菌に効果的な薬としては数え切れないほどの種類があげられます。

  • アスタット軟膏(抗真菌剤の塗り)かゆみだけじゃなく炎症が見られるケース
  • グリメサゾン(ステロイド配合の塗り薬)
  • ロコイド軟膏(ステロイド配合の塗り薬)
  • リドメックス軟膏(ステロイド配合の塗り薬)

場合によっては、アスタット軟膏とステロイド系統の軟膏を組み合わせて提供することだってあるみたいですが、これらに関しては処方箋が要求されることが理由で病院にいかないとダメなのです。

なお一層ラクラクに病院に行かなくても自宅に居ながらにして治癒させたいということを願うなら市販薬のファンガクリームとファンガソープEXのセットをおすすめします。

⇒ファンガクリームとファンガソープEXのセット

定価の¥5,560のファンガクリームが、先月までAmazonで¥1,200で売られていましたが、現在は削除されています。

ちんこに直接塗る薬は安心できる公式サイトで購入したいですよね。

ファンガクリームは、真菌と言われるカンジダ菌に照準を合わせていまして、同等の市販薬の中で水虫用のラミシールなんかよりも効き目が望めます。

※市販薬のラミシールクリームというものは処方薬のラミシール軟膏と比べて濃度が不足しています。

ウィキペディアで確認した場合でもクロトリマゾールというものはカンジダに対する効果的成分と位置付けで確認済みだということです。

もちろん私自身だってカンジダ性亀頭包皮炎をファンガクリームで完治することができました。

⇒亀頭包皮炎 完治セットの詳細