カンジタ性亀頭包皮炎になってしまう原因菌とされるカンジダ菌というのは、普通の石鹸では殺菌することが難しいと言われています。

水虫対策と同じようなもので、例えば水虫になった場合だと患部を清潔に洗うのはもちろんですが、水虫菌に的を絞った水虫薬を使いますよね?

カンジダ菌の場合も専門的な薬を使うことで、痒み炎症を抑えて、症状の回復、さらには予防へと繋がっていきます。

水虫菌と一緒でカンジタ菌に関しては湿った環境を好みます。

だからこそ重要なことは、清潔・乾燥ですが、清潔にしておくやり方を失敗すると、悪化したりいつまでも治らなかったりという困り事に見舞われます。

カンジタ性亀頭包皮炎を治癒する薬

こんなトラブルを防ぎ、速やかに治療を始められるお薬がロテュリミンAFという塗り薬であると言えます。

カンジダ菌にとても殺菌作用が望めます。

カンジダ性亀頭包皮炎において見事な効果のほどを示してくれるでしょう。

塗り方の大原則は、ロテュリミンAFを患部スグサマ塗るのではなく、ペニスを思いを込めてやさしく洗い流し乾かします。

ペニスを洗浄するときには、カンジダ菌or水虫の要因菌を殺菌して、炎症を抑える効果のあるフィンガソープがお勧めできます。

カンジダ性亀頭包皮炎は自然に炎症、かゆみが治まることもあります。

けれども、何度も症状がおかしくなる等によって 『気恥ずかしいのだが泌尿器科に行かない限りは治らないの!?』 と、自身が思っている程なら、ペニスの皮の状況が悪化し、一人の力で炎症を治すことが不可能な状態だと言えます。

医療機関でお医者さんにアソコを診察して貰うということが、精神的にストレスの種になっているのなら、迷うことなく的を絞ったお薬を利用して治療を始めてほしいと思います。


ドクターズチョイス カンジタ(男性)完治セット 320x250

カンジタ菌に効果が期待できる塗り薬の種々

亀頭若しくは包皮というものは粘膜が敏感ですから、刺激がない軟膏を利用してやる事をお勧めします。 真菌というカンジダ菌を改善する薬だと多くのバリエーションがあります。

 

  • アスタット軟膏(抗真菌剤の塗り)痒みだけではなく炎症が見られるケース
  • グリメサゾン(ステロイド配合の塗り薬)
  • ロコイド軟膏(ステロイド配合の塗り薬)
  • リドメックス軟膏(ステロイド配合の塗り薬)

 

うまく行けば、アスタット軟膏とステロイド系の軟膏を合わせて処方するケースもあるようですが、これらは処方箋が必要なお蔭で医療機関にいかない限りはNGです。
更にカンタンにクリニックに行かなくても自宅にいても改善したいというのを求めるなら市販薬のロテュリミンAFがお薦めです。

ロテュロミン AF いんきんたむし用

相場の額の¥6,800の同等の品が、Amazonで¥1,200で出回っていたけど、少し前から削されていますね。

ペニスにじかに塗り付ける薬は安心のオフィシャルサイトで買入れたいと感じませんか?

『ロテュルミン AF 』は、真菌というカンジダ菌に狙いを定めており、同じ様な市販薬の内で水虫用のラミシールより更に効果が見込めます。

※市販薬のラミシールクリームは処方薬のラミシール軟膏に比べ濃度が低くなっています。

ウィキペディアで調べた際にもクロトリマゾールでしたらカンジダに関しての有用な成分というポジションで実証済みと言われます。

当然、私もカンジダ性亀頭炎をロテュリミンAFで完治した一人です。

⇒ロテュリミンAF詳細