人に相談できないので、ヤフー知恵袋で質問してみると 「軟膏で治ったよ。」の一言。

性病を市販薬で治せるなら、誰にも知られず、恥ずかしい思いもしなくてすみますね。

あ~よかった性病なんて人にも言えん。

市販薬で治ってよかったなぁと思っていたのですが、今思えばこの時点で根本的な性病の治療をするべきだったんだなと思います。

何と治ったと思っていたチンコの痛みや赤みが増してきたのです!!

しかも、最初よりも赤くただれた感じで酷くなってる気がします。

この時点で、性病である確立は100%だと確信しました。

ですから、このサイトをお読みの皆様もまずは性病かどうかをチェックして性病だと判明すれば医師に頼るのが正しい選択です。

間違っても私のように適当な市販薬を使ってはいけません。

まず、チンコの痛みが性病なのかそうじゃないのかを判別する手段は2種類あります。

①病院の泌尿器科へ行く

②検査キットで自宅で調べる

人にチンコを見せるというのは相手が医師であっても抵抗があるので、私は検査キットで調べることにしました。

性病の検査キットといえば「性病検査 STDチェッカー」が有名ですよね。

男性の性病も女性の性病もまとめて一気に検査できる優れものです。

もし私と同じように性病かも?と心配している人がいたらぜひこれで検査してほしいです。

でも、私は1分1秒でも早く結果が知りたかったので、もっと早く結果が分かる「ふじメディカル」の検査キットで検査しました。

こちらはたった2日で結果がわかります。