男性はカンジタを発症することはあまりありません。

また発症しても気付かない場合もあります。

カンジタ菌は男性でも保有しているのですが、性器が外気に触れているため菌が繁殖しにくく、感染することはあまりありません。

しかし稀に通気性が悪い時や体調の悪い時など、亀頭に痒が出たり白いカスのようなものが出てくる場合があります。

男性のカンジタはあまり一般的ではなく、男性はカンジタにはならないと思いこんでいる方も多いのです。

そのため病院に行かず放置を続け、症状が悪化したり尿道炎になってしまうこともあります。

もし異変を感じたらなるべく早く病院に行くか、薬を使用して症状を抑えるようにしましょう。

男性でしたら泌尿器科で詳しい検査をしてもらえますが、自宅で治療を行うこともできます。

イミダゾール系抗真菌薬で菌の繁殖を防ぎ、症状を抑え再発しにくい状態に変えることが可能です。

カンジタ用治療薬として多くの方が使用しているのがカンジタ (男性) ロテュリミン AFです。


ロテュロミン AF いんきんたむし用

クロトリマゾール配合が配合されているため皮膚の深いところまで薬が浸透し、菌の繁殖を防ぎます。

朝と夜の一日二回塗布して二週間で治療が完了します。

もし二週間より早く症状が落ち着いても、まだ菌は存在しますのでしっかり二週間使用するようにしましょう。

⇒ロテュリミンAF詳細